So-net無料ブログ作成
検索選択

文鳥の飼い方!餌の種類、水浴びの方法など [鳥]

人懐っこい性格で人気の文鳥ですが、小ささ故に注意しなければいけないこともあるようです。
飼育環境やケガをさせない為の注意点。
文鳥の特徴でもある可愛い水浴びの方法など
わかりやすくまとめてみましたので参考にして頂ければ幸いです。



ce8ba644.jpg文鳥は上手く育てれば手乗りにもなる人懐こいペットです。挿し餌の経験があり、3時間置きに給餌ができる環境にあればぜひ雛から飼ってみたいですね。


maxresdefault.jpg


小さければ小さいほど難易度が上がるので、中雛と呼ばれる餌を一人で食べられるようになりたての頃から飼うのがオススメです。


飼育環境は鳥かごでOKですが、糞きり網は足のけがに繋がることがあるので、キッチンペーパーを敷くのがオススメです。








格段に掃除もしやすくなり、噛んで遊ぶおもちゃにもなります。
新聞紙を使う方もいらっしゃいますが、インクが口に入ったり羽に色移りすることもあるため敬遠されることがあります。


文鳥は水浴びが大好きです。洗面所で飼い主の手のひらでしてみたり、お皿に溜めた水でしてみたり。


lutz_mizuabi.jpg


かなり周囲が濡れるのでタオルなどを敷いたり、濡れてもいい場所で水浴びをさせましょう。
羽をバタバタさせるので、広い入れ物を使ってあげるといいですね。


鳥かごの中に入れて置く水浴びの器もありますが、外掛けのドーム状のものが周囲が水浸しにならなくて便利です。


餌は文鳥用にミックスされているものを基本に、毎日豆苗や小松菜を与えます。
おやつに粟穂や生のお米をあげると喜びます。くれぐれも人間の食べ物は与えないようにしましょう。


large_644330_1.jpg


体の小さい文鳥にとっては、ほんの少しが命取りになってしまいます。1日に数十分かごから出して放鳥します。齧って危ないものがないか、入り込む隙間がないかをチェックしてから出してあげてくださいね。 









nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。