So-net無料ブログ作成

犬があまり得意でない人視点での犬の特徴 [犬]

「犬の特徴」について、あまり犬が得意でない人の視点から説明


a62f38d8587fe9773df655810b365cef6aaff2c0.jpg「犬の特徴」について、あまり犬が得意でない人の視点から説明したいと思います。

犬はそこまで嫌いなわけではなく、小さくておとなしい犬はむしろ好きなのですが、大きくてよく吠える犬は昔から苦手でした。

そのため犬を飼ってい友達のお家に遊びに行くことはいつも憂鬱でした。

例えば犬は、自分が嫌われている、いやがられている、ということをすぐに察知する特性があると思います。









自分のことが好きなんだな、と思う人間には喜んで飛びつきますが、私のように、ちょっとこの犬怖いな、あまり近づきたくないな、と思っているような人間には、態度やしぐさ、雰囲気でわかるのか、すぐに吠え出しますし噛み付きます。


もしかしたら人間同士もそうなのかもしれません。

嫌いな相手は自分のことも嫌いなことと同じように、犬も本当に頭がよく、表面的には普通に犬に近づいていても、本心では、この犬怖いな、吠えられないかな?というような隙を見せていると、すぐに見抜かれてこわい顔で吠えてきます。





犬が苦手だからこそ、この犬私のこと嫌いなんだな、ということもすぐに感じ取れますし、本当に犬好きかどうかも、やはり人間より犬の態度を見ればすぐにわかってしまうも思います。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。