So-net無料ブログ作成

大型犬を飼って、病院へ連れて行った体験談 [犬]

大型犬を飼って、病院へ連れて行った体験談を紹介。



img_0.jpg我が家の犬は大型犬です。性格がとても臆病な犬です。

何でもないとこで、急にビックリします。どの犬に対してもいえることは大きな音(雷やお祭りの時の花火)にはとても怖がってしまい、震えあがるほどです。

臆病な犬なので、病院に行くのも嫌いです。









車に乗せた瞬間やはり震えあがります。

そして、病院に着くと緊張のあまり、必ずおもらしをしてしまいます。

それをわかっている獣医さんは毎回、診察台の上に乗せなくてもいいと言ってくれて、その場で診察をしてくださいます。



middle-dog.jpg



体重を測るときだけは診察台に乗せますが、すぐに下りてしまうので、その場での診察になってしまいます。

我が家の犬は苦手な人というのが小さい子供と大人の男性です。

ですので獣医さんも男性なので大丈夫かととても心配しました。





ですが、私が声をかけながら頭をなでていると安心したのか獣医さんの顔をうかがいつつ、震えながらも一生懸命に辛抱しています。

痛いことは何もしないので緊張からくるほうが大きいと思います。

狂犬病の注射は痛いのかもしれません。ですが針を刺すときも何も感じてないくらい大人しいです。

獣医さんもおそらく痛みよりも緊張の方が大きいと思います。と言ったほどです。そんな臆病な愛犬を溺愛してしまいます。








nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。