So-net無料ブログ作成
検索選択

ペットで鳥を飼っていた体験談。 [鳥]

鳥をペットとして飼っていた体験談。


parakeet-447710_960_720.jpg一戸建ての家を購入し、ある時ふと、うちは子供がいないし、家族が増えていいなと思い、ペットの購入を考え始めました。

初めて飼うので、小さくてあまり手間がかからず、新築の家をかじらない、小鳥がいいなと思い、ペットショップに早速、見に行きました。

人に慣れさすなら、雛の時から飼ったほうがいいとのことだったので、みてみると、黄色と青色の混じった羽のきれいなセキセイインコがいました。

ほかに黄色や緑のもいましたが、色の個性的なこの子にしました。









雛の時から、ふやかした餌をやったり、かごの手入れで触ってるせいか、ほんとに今は人になついています。

かごのほかに、部屋に遊び場のクッションを置いてやっているのですが、かごから出してやると、まず、クッションのところに行き、てくてく歩きまわったり、お気に入りの人形や止まり木においてあるダミーの鳥の人形と楽しそうに遊びます。

ダミーを、くちばしでつついたり、足で蹴ったりして、ちょっといじめてるのかな、というところが逆に微笑ましいです。

鏡も置いてるのですが、写った自分の姿を友達と思っているのか、何かずっと話しかけています。

最近あったかくなってきたので、水浴びさせてやりました。羽を広げて気持ちよさそうにしてました。


budgie-1401706_960_720.jpg



一人で遊んでる姿は、見てて本当に癒されます。

かわいいです。クッションはもう自分の遊び場だと認識しており、クッションを片付けていると、探し回ります。

かごの外と、ちょっと離れたところに止まり木を固定したポールを置いてるのですが、羽を切っておらず、遊びに飽きたりすると飛び回ります。









私と妻がいるときは私たちの肩から肩へ、止まり木から肩へ、止まり木から止まり木へと自在に飛び回ります。

鳥の本能は奪いたくなかったので、ほんとにうれしそうで、楽しそうで、こっちも心が癒されます。

かといって、どこでも、行ったり、飛んだりするわけではなく、行ったことのない部屋などにはいきません。

鳥の本能なのか、何か、警戒しているようです。

私たちのところに飛んできて、肩や胸に止まるといろいろ会話します。

私は口笛を吹いてこの子のまねや鳥のまねをするのですが、この子も鳴いて返してくれます。

最近では私の口笛をまねするようになりました。




また、メロディーが「崖の上のポニョ」風の歌を作って、いつも歌ってやります。何度か歌っているうちに、ずっと聞き入ってくれるようになりました。

妻は言葉を覚えさせたいらしく、自分の名前(ソラ)とか話しかけたりしています。

これまた、最近自分の名前を連呼するようになりました。

かごに帰してやると、かごの上から鈴をぶら下げているのですが、その鈴をチリンと慣らします。

まるで、ただいま、と言っているかのようです。はじめて気づいた時には、こんなこともするのかとびっくりしました。

私と妻の2人暮らしなのですが、普段私が家にいて、妻は仕事に行っています。

だから、日中、かごから出してやると、一人で遊んだり、私のところに来るのですが、夕方になると、妻を迎えに行きます。









帰ってくると、車の音でわかるのか、ドアを開けた瞬間、「おかえり」といってるみたいに鳴いて出迎えてくれます。

そして、かごからだしてやると、妻にべったりです。どうやら、わたしより、妻のほうが好きみたいです。

世話は、毎日の餌の交換とかごの床の掃除、あと部屋の中に落ちてる糞のそうじです。犬とかと違って楽です。

今のところ、病気もしたことがありません。

雛の時には、えさやり、体調管理で気を遣いながら世話をしてましたが、今は、元気モリモリ遊びが盛んでほんとにかわいいです。

積極的に私たちとコミュニケーションをとろうとします。こんなソラが本当にかわいいです。
タグ:ペット
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。